愛犬さくら(柴犬・2005年7月25日生まれ)との日々を綴ってみようかと。


by ka_en
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

さくらの体力

朝、ケージで少し吐いた後を見つけました。

夕べはほとんど食べなかったので
食べ物を吐いたというカンジではなかったですが
もちろん機嫌が悪かったさくら。

やっぱり車に弱いのかなぁ...
でも、それにしちゃ吐くのが遅いよねぇ

お散歩に出れば機嫌が直るかと思いきや
いつもの公園でまーったく動かなくなってしまいました。

アタシが撫でれば「う゛ーーーー」
近寄ってくるワンコには仲良しのそらちゃんやカイくんにまで
ギャンギャンと吠え立てる始末。

こりゃどっか悪いね。

大人ワンのVIEくんとやまとくんは
さわらぬ神にたたりナシと思ったのか
さくらに近づかずに見守っていてくれていましたが
カイくんはさくらが具合悪いなんておかまいなしに
相変わらずのマイペースでウロウロしていたので
そのたびにさくらがギャンギャン!!

vieさんが心配して
「マンションの入り口まで一緒に行きましょうか?」
と言ってくれましたがあきらかにそれもムリそうでした。

チョット落ち着いたら病院に行こう。

と思ったは良かったけど
徐々に日差しも強くなってきて
日陰に移動させるのにも歩きません。
ズルズルと引きずられるさくら。

・・・どうしよう(泣

アタシはひとりでテンパってしまったので
病院に電話して対処を聞きましたが
自分で歩くまではそっとしておくことに。

結局、その場から2時間も動きませんでした。

保育園児の集団が来て
「さくら、タイヘン、いっぱい子供が来たよ」
と言ったら
「あ、そう?」
というカンジで歩き始めました。

体調の悪い波がおさまったのでしょう。
今の勢いで病院へ行かねば!!

駅前の公園でウンをしたのですが...

ものすごいニオイで、しかーも
少しにごったピンク色の粘膜状のものが

もう、ゼッタイにやばいでしょう!?

でも、さくらはまだ体調の悪い波が来ていないのか
スタスタと歩き始め、無事に病院に着きました。

今日は女の先生でした。

疲れから来る胃腸炎だそうです。

吐き気止めと下痢止めの注射をしてもらいました。
その後は診察室を探検する元気があったので
もう大丈夫かな?

帰りはおとなしく抱っこされて帰ってくれましたが
家に着くと狂犬でハウスに入りたがりません。

ハウスに入ったらまたオナカが痛くなると思うのかしら...

でも、ゆっくり寝てくれないと意味がないので
かわいそうだけどムリヤリ入れました。

しばらくはぐっすり寝ていたようですが
夕方くらいからキュンキュンと鳴き始めました。

でも、注射もしてもらったし、もうチョット様子を見よう。
だんさんも早く帰って来てくれるって言うし。

でも、ほとんどずっとキュンキュン鳴いてました。

どうしよー、出して狂犬になったら
アタシだけじゃ病院に連れて行けないし...
と、ギリギリのところでだんさんが帰ってきてくれました。

だんさんはさくらをさっと抱きかかえて
そのままさくらを抱っこのまま車に乗ってもらって
アタシが運転して行きました。

ずっとおとなしくしていたのでよっぽど痛かったのでしょう。
もっと早く出してあげればよかった...ゴメンよ

ギリギリで病院に滑り込んで
おなかの注射をしてもらいました。
すごく痛い注射だったらしくギャンと鳴いてその後震えてました。

午前中はアタシ一人だったので
先生が痛い注射をしないでいたみたいです。
痛くて暴れたらどうにもできないので。

注射の違和感がなくなったら診察室をまた探検。
今度こそ大丈夫かな?

その後は元気でトイレに寄った駅前の公園で
つくしちゃん達に会ってすごく遊びたがってました。
でも、まだ体力が戻っていないのでチョットだけね。


でも、本当にビックリしました。
2時間も動かなかったし
さくらが泣くとは思いもしなかったので
よっぽど辛かったんだなぁ...

そして、さくらは体力が他の子よりも
ないのだと実感しました。

これからはさくらが遊びたがっても
頃合を見てやめさせなくちゃな...
[PR]
by ka_en | 2006-09-25 16:19 | さくらの日常