愛犬さくら(柴犬・2005年7月25日生まれ)との日々を綴ってみようかと。


by ka_en
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

子ぎつねヘレン

いや、キツネの話じゃないんですけどね。
先週から公開されてるんですよね。
と、今日ラジオでレミオロメンの曲がかかっている時に
言ってたのを聞いたんですけどね。

ずっとCM見てて

 さくらに似てるなぁ~~~~

って思ってたんですよ。

ちょっと前にだんさんが朝の散歩に行く時に
マンションの小学生のアホガキ(クチ悪っ)に

『・・・キツネ?』

って言われたらしいですから。

でも、だいぶ柴犬らしくなってきたと思うんですけどね。

最近は悪さをしてるのを目撃されると

『あっ...』

という顔をしてその場を少し離れて
おすわりをするようになりました(笑

『コラっ』とか『あれっ』
とかいう言葉にもだいぶ反応するようになりました。

目も耳も悪くないようです(笑

表情がやっと出てきたかな。
問題行動専門の獣医さんとも
連絡を取りつつ穏やかにすごすようにしています。
と言っても、家でのご飯はいまだに狂犬ですが。

そして、いつもアタシが言ってるからって
だんさんがいじわるして
「ハウス」
って言ったときにアタシの膝を噛んで
あたるのやめて欲しいです...

まぁ、前みたいに
ガブっとはこなくなりましたけどね...
b0019938_1774380.jpg

[PR]
by ka_en | 2006-03-25 23:59 | さくらの日常

今までのさくら2

サークルで囲った週の終わりに
問題行動専門の獣医さんが来てくれました。

が、サークルで囲ったストレスでさくらは狂犬状態。

ですよね...

獣医さんが来ても触診できませんでした。

獣医さんは割と若い女性で
わりと決め打ちしてくるタイプでした。

最初はアタシ達がさくらに対して
叩いたりしてしつけたと思っていたようで
「本当に叩いたりしていませんか?」
と念を押されたし...ひどいな...

いろいろと話をしていって
アタシ達にはさほどの落ち度はないと判明しました。

甘噛みはだんさんの態度しだいだそうで
あとは今までどおりに苦味スプレーで対応でいいみたい。
だんさんは体を張って(?)さくらと遊んでいたので
遊びはおもちゃだけで、弱くても噛んだら無視!
コレを貫き通してとのコト。

獣医さんの話ではサークルは失敗だったようです。
縄張り意識を高めて、ストレスをためる以外に
メリットはないとのコト。
すぐにサークルははずしました。

それと、トレーナーさんとの大きな意見の違いは
さくらは常に興奮しているのではなく
常に不安がっているのだと。

あと、狂犬時の攻撃性がフツウじゃないとのコト。
自分への距離が縮まって攻撃してくるならともかく
自分から距離を縮めるのは非常に危険な状態。

脳内の伝達物質・セロトニンが少ないのではないかと
判断されました。
人間でいうと「うつ」の状態です。

これは薬を使わないと治らないし
完治もしないということでした。
でも、まだ7ヶ月のさくらには薬は使いたくないとのことで
アロマテラピーは効果的だと教えてもらいました。

鎮静作用のあるラベンダーだと不安をあおるので
リラックス&リフレッシュの
柑橘系をやってみることになりました。

それとビックリさせるような行動と
用もなくハウスに近づかないなど。
近づくときはマテをかけて動かないようにしておくなど。

今はスイートオレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット
ローマンカモミールをブレンドして様子を見ていますが
狂犬度が低くなりました。
以前はハウスに触ろうものなら
「ギャンギャン!!!!」と思い切り
何度も噛み付いてきたのが
ちょっと吠えて膝あたりを噛む程度に変わりました。
膝は甘噛みに備えて苦味スプレーで対処しているので
それ以上は噛まないんですけどね。

まぁ、噛むことには変わりないんですが
相当な効果だと思います。
以前なら噛まれたらケガをしていたし
犬好きのアタシが犬嫌いな人の気持ちが
わかるくらいの恐怖でしたから。

おもちゃも長いロープ状のもので遊ぶようにして
あらかじめ手などを噛まないような配慮をしています。
普段から噛ませないことも重要だそうです。

あと、フセをトレーナーさんにも教わらなかったので
教えてもらって、すぐにできるようになりました。

獣医さんの話だと
さくらはとても頭のいい子らしいです。
いつもいろんなことを考えて生活しているので
その考えをポジティブにしてあげれば
とてもいい関係が築けるとのことでした。

アロマテラピー効果なのか
最近は良くなでさせてくれます。
マテも長いことできるようになりました。

でも、やっぱりハウスに近づくと
ソワソワして命令をちゃんと聞かないので
まだまだトレーニングが必要です。

それと、ハウスに近づいても
悪いことはないと教えなくてはならないので
なるべく落ち着いているときを見て
いろいろと訓練をしています。


狂犬さくらとずっと二人きりで
こっちの体調もおかしくなったりしましたが
ウチに来て3ヶ月弱。
まだまだがんばりますよーーー!!
b0019938_1723355.jpg

[PR]
by ka_en | 2006-03-01 00:20 | さくらの日常

今までのさくら1

さくら
ウチに来て1週間くらいしてから
ご飯のあと、狂犬に変身したのです。
威嚇して噛み付くですね。
ご飯あとはハウスに近づいても噛み付いてきます。

和犬は所有欲というか、自分のものを守る気持ちが
洋犬と比べて強いらしいので
食器をさげるせいかな?とかいろいろ調べてみたけどうまい対処法がなく
年明けからトレーナーさんに来てもらいました。

8回のレッスンで約4万円...高い
が、背に腹はかえられない。
ここはホテルもやっていて、預かった犬は
ケージに入れっぱなしにしないということなので
「いいところかな?」と思いお願いしてみました。

おすわりとかはもうしつけてあったので
所有欲を抑えましょうと。
教えてもらっておもちゃとかは
「はなせ」がちゃんとできるのです。

でも、食事のときのトラブルだけは
どうしても直りませんでした。

お散歩のとき、たまに急に座り込んだりするので
それはトレーナーさんの指導で直ったんですけど
食事だけはどうしても...
食事する前はおとなしいんですよ。

本で読んで
フードを数回に分けてあげてみる。
というのをやってみたけど変わらず。

トレーナーさんの指示に従って
なんどもご飯の場所を行ったりきたりであげてみましょう。
これはさらに狂犬!!
トレーナーさんもかなりお手上げで
ご飯前は暴れないならどこかにリードでつないで
今までのステンレスの食器から重い陶器の食器に替え
食べ終わって落ち着くまで放っておく方式と
量が足りないのかな?ってことで
キャベツのみじん切りで量を増やしたところ

効果大!

はじめは吠えたけど
しばらくしたら落ち着きました。

つか、アタシはフードの表示を見て
あげている量が少ないと思うのですが
ショップの人とかが
「だいじょうぶですよー!」って言ってたのを
だんさんが鵜呑みにしていて...

トレーナーさんは
犬はどかっとご飯をもらうと興奮するので
お散歩のときにご褒美としてあげてもいいですよ。
というので晴れている日は今でもその方法をとっています。
あんまり良くないとは思うんですけどね。

そして、トレーナーさんが言うには
さくらはいつも興奮している状況なのではないかと。

「なので、しばらくは遊ばないでください。」

え!?遊ばないの???

かわいそうだなぁと思いつつ指示に従いました。

アロマテラピーとかどうなんですかね?
って聞いたらトレーナーさんはオススメしないとのコト。

先月の中ごろ、1クール終わったんですけど
最後の2レッスンの頃から発情期に入ったらしく
狂犬度が増してこっちが怪我をするほどに。
トレーナーさんの指示でさくらが居間に出ないように
サークルで囲いました。

かわいそうだけど、これでよくなるのかな?
さくらのストレスは?
遊べないし、サークルで囲われてスキンシップもできないし
ホントにこれでいいのかな?

この状態で8回のレッスンが終わってしまいました。

8レッスン中、ほとんどが
食事のことで終わってしまいました。
しかも、ほとんど成果ナシ。
というか、サークルで囲って狂犬度が増すばかり。

もう1クールしないとだなぁって思ってたんですけど
一度、ちゃんと診てもらったほうがいいのかな?
と思い始めて問題行動専門の獣医さんに
診てもらうことになったのです。
b0019938_17001.jpg

[PR]
by ka_en | 2006-03-01 00:10 | さくらの日常

はじめに

さくらは2005年12月11日に我が家に来ました。

4ヶ月の子がペットショップにいるなんて
めずらしぃ~
「先週来たばっかりなんですよぉ♪」
なんていうし、さぞかし兄弟とも遊んできたのだろう、
何よりだんさんが飼いたがってしまったので
アタシはブリーダーさんにあたるつもりだったけど
その場で契約してしまいました。

そしたら落とし穴(?)が...

なんと、さくら
このショップに来る前は愛知で3回目のワクチン済み。
その前のワクチンは兵庫、初回は宮崎でした。

・・・
だまされた?

でも、契約したからにはウチの子です。
責任持って育てますよ!!

柴犬はタイヘンだと聞いていたけど
予想以上でした...

ウチに来て三日後くらいに
ショップ提携の動物病院に健康診断に行ったら異状ナシと。
っても、触診と検便だけだったけど。

ホッとしたのもつかの間

『左の後ろ足、びっこ引いてない?』

今度は近所の動物病院に連れて行きました。
レントゲン撮る時にまるで南国の鳥のような鳴き声で
ビビりまくるさくら。

ずっとショップのケースの中にいたせいで
軟骨の発育が遅れていたのです。
かわいそうに。
でも、先天性じゃなくてよかったね。

ま、こんなのは気をもんだことのひとつですよ。

でも、おりこうな子で
おすわりとトイレはアタシたちの
本を見たりしてやったしつけで
完璧にできるようになったのです。

狂犬病の注射も済んでお散歩デビュー!

・・・ちっとも歩けませんでした(笑
犬ってみんな人の横について歩くもんだと思ってました(笑

夫婦揃って犬を飼うのが初めてだったので
アタシたちが勉強しなくては!って思って
トレーナーさんに来てもらうコトにもしましたよ。

そしてこのあと、さまざまな問題が出てきて
ついには問題行動専門の獣医さんに来てもらうことに
なるのです、はい。
b0019938_16394787.jpg

[PR]
by ka_en | 2006-03-01 00:00 | さくらの日常