愛犬さくら(柴犬・2005年7月25日生まれ)との日々を綴ってみようかと。


by ka_en
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

避妊手術

28日、さくらは避妊手術をしました。

いつものかかりつけの病院は
入院2泊でエリザベスカラーをつけて戻され
1週間後に抜糸だというので
それではさくらの負担になると思い
#ケージにカラーがつかえる可能性もあり
お友達に紹介してもらって
横浜の病院で手術してもらうことにしました。

この病院では吸収糸(溶ける糸)を使って抜糸もなく
近くのワンコなら女の子でも日帰りが可能らしいのですが
さくらは移動のリスクを考え1泊することにしました。

ウチからだと車で1時間半かかるところなのですが
退院後の負担を考えると遠くてもお願いしたいと考えました。

先生とはメールでやり取りをし
当日をむかえることとなりました。

前日は18時までに食事を済まさなくてはいけなくて
その後は絶食でお水も朝起きたら飲んではいけなかったので
いつも20時頃にご飯を食べているさくらにとっては
当日の朝はつらかったと思います。

さくらは早起きをさせられ「???」ながらも
おとなしく車に乗っていてくれて
何事もなく横浜の病院に着きました。

初めてお会いするN先生はとても良い先生で
こちらが不安に思っていることをたずねると
自信を持って説明をしてくれてその不安を打ち消してくれました。

イチバンの不安は

卵巣のみの摘出と子宮全摘のどちらが良いのか。

問題行動の先生には
子宮の病気が防げないから全摘でと言われましたが
N先生の説明では
卵巣のみの摘出でほぼ100%子宮の病気にも
かからなくなるそうです。
卵巣がいろいろと悪さをするそうですよ。

むしろ、子宮を取ると内部での癒着などの
リスクが生じるそうです。
そして、子宮のみの摘出はまったくもってナンセンスだと。

卵巣のみの摘出だと傷口も小さく済むので
術後の回復も早いそうです。

そんなわけでさくらは卵巣のみの摘出でお願いしました。

手術前に血液検査などの結果を待っている間
朝からテンパっていたアタシは朝ごはんを食べるのを忘れていたため
ファミレスでモーニングを食べました。
先生の説明を聞いてやっと落ち着きオナカが空いたのでした(笑

血液検査の結果は少し貧血気味でしたが
手術には問題ないということで
くれぐれもよろしくお願いしますとさくらを預けて病院をあとにしました。

だんさんの実家(大磯)近くに住む甥っ子が喘息のため
さくらをだんさんの実家に連れて行けないので
さくらが入院している間にだんさんの実家に行きました。

ホントは家に帰っていろいろとやりたかったんですけどね。


退院の日
ゆっくりしていけばと言う義母・義姉の言葉も聞かず
朝食を食べ終わったらすぐに迎えに行きました。

道が混んでいて少し予定時間よりも遅れましたが
先生はニコニコと出てきて
「さくらちゃん、ずっとおりこうでしたよ(^-^)」
と言ってくれました。

看護士さんに抱っこされて出てきたさくらは
キョトンとしてアタシたちを見ていましたが
しばらくするとだんさんの手を舐め始めました。

ゼッタイに狂犬になると思ったのにぃ(笑

摘出したホルマリン漬けの卵巣はいただいてきました。
なんか、さくらの一部かと思うと捨てられなくて...

2週間は傷口を濡らさないようにという注意くらいで
あとは普通に生活してよさげです。

しばらくは元気ないかもしれませんが
3日もすれば自分から走りますよ

と言われました。

さすがに帰りの車では甘えんぼで
頭を撫でるとお耳ぺったんでした。
b0019938_16232570.jpg


ウチに着いたさくらは家のにおいをかぎまくり
安心したようにケージで寝ました。

夜はいつものご飯の時間より少し早めに食べて
お散歩はトイレを済ます程度で
仲良しのつくしちゃんに会わないようにしようと(笑
暴れて傷口開いたら困るから(笑

ところがこういうときに限って会ってしまうのでした(笑

当たり前ですがそりゃもう遊びたがり
各飼い主一同ハラハラしながらさくらとつくしちゃんを
制御していたのでした(笑
というか、先生!3日も経たずに走りたがってます!!(笑

次の日は朝はモネくんと夜はまたつくしちゃんと会い
すでに少し暴れてしまいました。
心なしか傷口が赤いような...

入院前から相当気にしていた背中
手術前にN先生に診てもらいましたが
発疹になっているみたいといわれていたのです。

昨日になって背中を触ったたら
なんだかぼこっと小さなできもののような感触があったので
かかりつけの病院に行ったら発疹が悪化していました。

ついでに手術の傷口も診てもらったのですが
赤いのは問題ないそうです、よかった(笑


そんなわけで
さくらの手術後の攻撃性も見られず
#これからなのかしら?
まったくもっていつもどおりのさくらです。

今朝、VIEくんとvieさんに会って撮ってもらった写真です。
公園の砂利の地面を掘って顔を突っ込んだので
鼻が白くなってます(笑

b0019938_16185073.jpg

gonちゃんみたい?(笑

b0019938_16191652.jpg

こころなしか、さくらの表情が
やわらかくなった気がするのですが気のせいですかね(笑

今日は背中の様子診るんで
病院ですっごい狂犬でしたけど(笑
[PR]
by ka_en | 2006-08-31 23:29 | さくらの日常